【2/29】特別観察会「部分日食をみよう!!」

3/9に仙台市天文台を臨時開館し、入口にて部分日食の様子を観察するイベントがあります。仙台では、太陽が欠け始める「食の始め」が午前10時21分。時間とともに徐々に欠けていき、午前11時13分には「食の最大」を迎え、太陽の直径に対して2割ほど欠けて見えます。12時5分には「食の終わり」を迎え、約2時間にわたって日食を観察することができます。次回、仙台で部分日食が見られるのは3年後の2019年1月6日です。ホテルからでも25分位で行けますよ☆
3月9日(水) 10:00-12:30 仙台市天文台
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック